クレジットカード 金利

銀行で発行出来るクレジット機能のあるカード

クレジットカードをどこで作るか迷われているようなら、メインバンクとして取引をしている銀行系のクレジットカードを持ってみては如何でしょうか。銀行系クレジットカードとは、大手銀行や地方銀行、ネット銀行などが銀行の名前をつけて発行しているクレジットカードの事をいいます。銀行ならではの特典に、抜群の安心感は、流通系クレジットカードでは、決して味わえないものだと言えます。

銀行系クレジットカードを作ることで、住宅ローンの金利が安くなったり、定期預金の金利が上乗せになったり、ATM手数料が優遇されたりと、貯蓄を考えている人にはかなり嬉しい特典のものが多いと言えます。また、キャッシュカードとクレジットカードが一体型になっているものを選べば、スマートに持ち歩く事だって可能です。

少し前までは、「銀行系クレジットカードは、機能面で見劣りする」などと言われていましたが、大手銀行の発行するクレジットカードは、流通系クレジットカードに見劣りしない程度になってきました。

倒産しないと言われている銀行ならではの、安定感・知名度の高さに、流通カードに負けない機能、銀行ならではの貯蓄に助かる特典。まさに、一枚は手元に持っておきたいクレジットカードだと言えます。

預金口座開設の時はもちろん、銀行窓口で手続きを行う際も、頻繁に銀行のクレジットカードを勧めてくれます。是非、簡単にあしらわずに、内容を確認されてみてください。貴方の御眼鏡に叶った、納得のいく機能を備えたクレジットカードかもしれません。

個人の一番高価な買い物と言えば、家でしょう。これから、マイホーム購入を考えられている方なら、是非、このクレジットカードの存在を知っていて欲しいと思います。住宅ローンの金利を安くしてくれるのは、銀行のクレジットカードだけです。

カードが割れた場合の対処法

クレジットカードは、磁気ストライプが入っています。カードが割れてしまうと、この磁気ストライプの磁気がおかしくなってしまい、端末機やATMで利用出来ない場合があります。

ネット決済のように、有効期間やカード番号、CVV番号などを使って決済をおこなう場合はクレジットカードが割れてしまっても問題はありませんが、やはり加盟店などで使えないと不便なものでしょう。

クレジットカードが割れてしまった場合は、カード発行会社に連絡を入れましょう。新しいカードを一週間程度で発行してくれます。もちろん、古いカードは磁気が壊れてしまっているので破棄して大丈夫なのですが、捨て方には注意が必要になります。

クレジットカードには、カード番号、有効期限の記載があります。また、裏面には署名欄があり、貴方自身がサインをされていることでしょう。これは、全て個人情報になります。安易にゴミ箱なんかに捨ててしまうと、個人情報を盗まれ、犯罪に使われる恐れもあります。

実際に、クレジットカードに書いてある情報だけでネット決済は可能だったりします。カードが割れたことをカード会社に報告する前に、個人情報を盗まれでもした場合はかなり危険です。

・カードを安全に捨てる為のカードシュレッダー

クレジットカード会社との契約が終わっているのなら、カードにハサミを入れるだけで十分かもしれません。しかし、カードの再発行の場合はハサミを入れるだけでは不十分と言えます。

個人情報をしっかり消した上で破棄する為の道具に、カードシュレッダーというものがあります。カード類だけ対応というシュレッダーはありませんが、紙、CD、カード類と多くのものが切れる優れものです。企業用だけでなく、家庭で気軽に使えるハンドシュレッダーも多く販売されていますので、簡単に入手する事が可能です。

個人情報漏洩を防ぐ為にも、是非、カードシュレッダーを活用されてください。

クレジット決済の手数料についてのあれこれ

クレジット決済の手数料は業種によってもかなり幅があります。一括払いを指定したのなら、利息はつかないクレジットカードですが、手数料は別の話です。手数料が無料に近い設定のものもあれば、15パーセントなんて高い手数料のものもあります。そして、この手数料は、基本的にはお店側が負担するものになります。

自分は、個人事業主としてサービス業を行っていますが、お客様がクレジット払いを希望された時、手数料が15パーセントがかかりますので、売上は現金の時と比べ15パーセントマイナスになってしまいます。

「高いな」といつも思うのですが、自分のやってる職種なら、15パーセントは平均的な数字だと言えますし、それなりに事情もあります。実際に、15パーセントの部分は「クレジット代行会社」に支払っているお金になるので、こればっかりは自分の希望で設定出来ないところだとも言えます。

経営者側の本音は、お客様に負担をして欲しいと思っているかもしれませんが、カード会社と加盟店が結んでいる契約の中には「加盟店規約」というものがあります。ここには、クレジットカードのお客様と現金のお客様と同等に扱わなければいけないという決まり事が書いてあります。

その為、お客様がカード手数料を負担するという事は、規約違反となってしまうので、お店側がこの手数料を負担する形になります。

これだけ、クレジットカードの需要が増えても、未だにカード決済を導入していないお店があったり、現金で買ってくれるお客様が優遇されたりするのは、この手数料があるからです。場所によっては、お客様負担となっているお店すらあります。

ちなみに、自分のところでは、現金で極力払って貰えるように、現金客には次回のサービス券などを渡して区別しています。もちろん、カード決済には上限額が設定されていますので、指定されているカード決済額を超えた場合、残りは現金で支払いをお願いしています。

利用者には見えにくい部分ですが、お店側がクレジット決済を導入するのには、手数料の事を慎重に考えなければいけないものなのです。

また、ウェブ決済等なら、「決済開始ボタン、決済取り消しボタン」をワンクリックするだけで、手数料が発生してしまいます。利用が止められているクレジットカードなどで、ウェブ決済を行った際は、決済がおりなくても、そのクリック分だけ赤字になってしまいます。

クレジットカードの利用者であれば、クレジット決済可能なお店が、カード手数料を負担しているということを覚えておきましょう。

ネットが主流となった、クレジット会社の歴史

インターネットの普及に比例して、クレジット会社も大きく変わりました。ネットで申し込み、審査報告、カード発行、住所変更なども簡単に行うことが出来ます。

世界各国で利用することも可能な、このクレジットカードの歴史。実は、かなり浅く、クレジットカード発祥の地アメリカで1950年。日本では1960年が歴史の始まりだと言われています。

「1950年アメリカ」

クレジットカード会社「ダイナースクラブ」が米国で設立。設立動機は、「立派な実業者がレストランで財布を忘れても惨めな思いをしないでいいように」と言われています。

「1960年日本」

富士銀行と日本交通公社が日本ダイナースクラブジャパンを経て、シティカードジャパンを設立。

上記が、クレジットカードの始まりです。現代の日本でも、十分ステータスを表すカードだと言われていますが、アメリカではもっとクレジットカードは重要視されます。

どんなに現金を持っていたとしても、クレジットカードを保有出来ないと一人前の実業家と言われることはありません。クレジットカード会社からのステータスを獲得する為に、まずはデビットカードなどを利用して信用や実績を積むケースも少なくはありません。

クレジットカードがネット主流となってきたのは、1995年頃になります。ウィンドウズ95が出始めた頃からネットも盛んになってきました。また、このクレジットカード会社でネットが主流になった事で、クレジットカードの現金化も流行ってくることになります。

2000年を過ぎた頃には、ADSLが普及し始めますので、その頃には、クレジットカード会社の行う手続きもネット中心になったと言っても過言では無いでしょう。

クレジットカード会社の歴史は、まだまだ浅いものです。1950年にアメリカで発祥して、ネット中心となったのは、1995年頃だと言えます。

信販会社などの提供するカードローンの注意点

浪費癖がある方は、カードローンを利用するのは、控えた方が良いと言えます。自分も過去に、自らの浪費癖で、金銭的にかなり追い詰められた経験があります。クレジットカードなら、サービス内容をクレジット機能だけに留めておくのも良い手段だと思います。

自分が初めてクレジットカードを作ったのは、まだ20歳くらいの頃でした。趣味でやっていたギターを買い換えに楽器屋さんに行った際、店員さんに勧められてクレジットカードを作りました。

当時自分は、クレジットカードの知識は全く無く、ギターは現金で一括購入したのですが、料金を支払う際に、「次回から、カードを使って買い物をすれば、ポイントが貯まってお得になるから」と店員さんに言われ、「断るのも悪いかな?」と思って安易に、申し込みを行ってしまいました。クレジットカードの限度額は20万円、キャッシングも20万円までは可能という内容でした。

キャッシング枠を作るか、作らないかは選択出来たのですが、「折角、作るのなら色々な事に使える方が良い」という結論に達しました。

今考えると、クレジット機能だけにしてけば良かったと思います。

浪費癖が元々あった為か、カードを受け取ってからは、特に大きな買い物をした訳ではないのですが、数ヵ月後には10万円以上のキャッシングをクレジットカードでしていました。

買い物をするお金より、生活費や遊びに使う交際費の為にカードを使ってしまい、気づけばクレジットカードの利便性を知らないまま、返済に追われていました。

なんとかアルバイトの量を増やし、数ヵ月後には完済をしましたが、クレジットカード本来の使い方をしたのは、カード発行から一年近く後になってからです。

もし、返済が遅れたりして、強制解約をされていたら、クレジットカードを手放すことになってしまっていたかもしれません。

クレジットカードの利便性は、貴方の生活を豊かにしてくれることでしょう。折角、保有したステイタスカードを手放さない為にも、浪費癖のある方は、キャッシング機能を外しておいた方が安全だと言えます。

信販会社の発行してくれるカードは多種多様です。リスクを背負い込まない為にも、少しくらい不便なカードを最初の一枚にされた方が得策かもしれません。

毎月の家賃をカード決済出来ればポイントがかなり貯まる

携帯電の料金や、光熱費をクレジット払いにされている方は多いことでしょう。毎月決まった出費をクレジットカードで支払うことで、ポイントが定期的に貯まっていくので、普段クレジットカードを利用されない方でも効率的にポイントを貯めていけます。

毎月の決めった出費で、一番大きな金額になるのは、家賃でしょう。この家賃を全てクレジット払いにした場合、かなりのポイントが貯まる計算になります。また、ゴールドカードを直ぐにでも更新できるくらいの利用実績になり、優良会員となれます。

しかしながら、多くの方が現金での支払いをされていることでしょう。これは、貸家のオーナー側が現金払いを指定している為です。実際に、家賃をクレジット払いで行えるケースは希だと言えます。

基本的にクレジットカード決済を行う際、手数料というものがかかってしまいます。仮に、手数料10パーセントがかかる家賃10万円の物件を、クレジット払いにした場合、一ヶ月の手数料は1万円になります。一年間では、12万円の手数料が発生する計算になります。5パーセントであれば、年間6万円です。この金額をオーナーさん側が負担するとなると、かなりハードルが高くなってしまいます。

クレジットカードを使って家賃を支払うということが、一般的になるには、まだまだ時間がかかりそうです。ひょっとしたら、現金払いから変わらないかもしれません。

しかし、実際にクレジットカードで家賃を支払うことのできる物件はちゃんとあります。まず、クレジット払いを希望される方は、クレジット払いが導入されている物件に入居する必要があります。今現在、現金払いになっている物件をクレジット払いに変更することは、よっぽどのケースでも無い限り無理だと言えます。最初から、クレジット払いを行っている物件に入りましょう。仲介会社の中に、クレジット決済を全面的にアピールしている場所もありますので、そのようなところを探せば大丈夫でしょう。

現在、家賃をクレジット払いにされてる方は殆どいないでしょう。実際にクレジット払いを行えたとしても、物件数は少ないので、住む場所を好きに選ぶことは難しいのが実情だと言えます。

しかしながら、もし、家賃をクレジットで支払うことが出来れば、今まで以上のポイントを獲得することが出来ます。

是非、毎月の決められた出費なのだから、家賃のクレジット払いに挑戦されてみてください。オーナー側の負担になるのですから、利用者が不利になることは決してありません。

既存のカードを失わない為にも、住所変更の際もしっかり連絡

クレジットカードの住所変更は、現在は、ネットを使って直ぐに変更が出来ます。もちろん、ネット会員というものに加入している必要がありますが、登録は無料ですので、引越しが決まった際には早めに登録を済ましておきましょう。クレジットカードの住所変更を行わいと、様々な不都合が生じてきます。

利用明細の書類が届かない

クレジットカードの利用明細書は、登録住所に送られてきます。住所変更を行っていないと、この利用明細書が届きません。悪質なカード犯罪に巻き込まれた場合の殆どは、利用明細書を見て初めて気づくケースが殆どです。「身に覚えの無い商品購入履歴」を見れないのですから、知らず知らずのうちに、貴方の現金が引き落とされていくことにも成りかねません。必ず、住所変更は行うようにしましょう。

更新の案内などの書類が届かない

クレジットカードの更新用の書類を受け取ることが出来ません。自動更新されたとしても、新しいカードを受け取ることも出来なくなってしまいます。また、クレジット会社側からの書類が届かない状況が、あまり長く続いてしまうと、クレジット会社側も貴方の事を疑い始めます。不正行為をしていると勝手に判断されてしまえば、貴方がどんなに優良会員と同じ実績を持っていたとしても、更新を見送られてしまう危険が出てきてしまいます。必ず、住所変更は行うようにしましょう。

クレジットカードがどんなに便利になっても、犯罪の多くにクレジットカードが絡むケースは後を立ちません。余計な事件に巻き込まれない為にも、クレジット会社から信用を失わない為にも、住まいが変わった際は、住所変更を必ず行っておきましょう。ネットを使って、直ぐにできる事です。

ほったらかしにしておくと、最終的にクレジットカードを失ってしまうことになってしまいます。

転職直後のクレジットカードの申込はハードルが上がります。

お目当てのクレジットカードがある方なら、転職前に申し込んでおいた方が得策だと言えます。
クレジットカードの申し込みには、年収以外にも、勤続年数を記入する必要があります。余程の大手企業に転職でもしない限り、勤続年数1年というのは、かなりマイナス要因になってしまいます。

また、転職によって年収も大きく変わることもあるので、転職先の年収が過去の年収より下がってしまうようであれば、尚更、転職前にクレジットカードの申し込みを行っておく方が良いでしょう。

どうしても、転職後にクレジットカードの申し込みを行うのでしたら、年収記入項目だけは、マイナス要因にならないようにしておきましょう。

まず、クレジットカードを申し込む際の年収欄ですが、これは自己申告になります。嘘を記入することは避けた方が良いのですが、不利になるような書き方は避けるようにしましょう。

「年収は、転職前の年収の記載でもOK!」

前職での年収が300万円で、転職先の年収が200万円だった場合、年収報告欄は300万と記載した方が審査には通りやすくなります。年収の申告は、近年のものであれば大丈夫ですので、前職の年収を記入して審査を受けても、あまり問題視されることはありません。もちろん、転職先の方が年収が多いのであれば、年収見込みになってしまいますが、転職先での年収を記載するようにしましょう。

自分も脱サラ前に、クレジットカードを慌てて申し込みました。自営業になって、初年度の年収は、以前に比べてかなり落ち込んでしまいましたが、ちゃんと毎年更新が出来ています。一度、審査に通って計画的な利用をしている限り、転職を理由に強制解約をされることは滅多にないでしょう。もちろん、更新不可になってしまうケースも少ないと言えます。

クレジットカードの審査には、年収は大きなウエイトをしめますが、「安定した収入があるか」どうかの方が、重要視されるケースが殆どです。「年収300年で、勤続年数10年」と記入をするより、「年収400万円で、勤続年数1年未満」と記入した方が、審査のハードルは高くなってしまいます。

クレジットカード会社が納得するくらいの大手企業に転職が決まって無い限り、転職前に申し込みを行う方が、良い結果に繋がりやすいものです。もちろん、職種も大事になってきますので、個人事業主になる予定の方でしたら、安定した収入を見込める会社員時代にクレジットカードを作っておきましょう。

わざわざ、勤続年数1年などと、ハードルを上げる必要はありません。

ドライバーに嬉しいロードサービス機能のあるカードとは

クレジットカードの特典は色々とあります。ポイントだけでなく、マイレージ、海外旅行保険、etc。そんな、便利なサービスの中に、「ロードサービス」があります。もし、日常的に自動車に乗られている人なら、ロードサービスの付いたクレジットカードの存在を忘れないようにして欲しいと思います。

クレジットカードに付いているロードサービスですが、大手自動車保険会社の行っているロードサービスと同等クラスの充実したサービスです。数十キロのレッカー、牽引を無料で行ってくれるし、最寄りの交通機関の駅まで無料送迎も行ってくれます。もちろん、代車の手配もしっかり行ってくれます。また、ETCゲートで車両が傷ついたら‘お見舞い金’まで支払ってくれるサービスまでも存在します。

毎年、カードの年会費を払うのですから、車に乗る人であれば、このような実用性の高いサービスを受けれるように。ロードサービスの付帯したクレジットカードを選ぶのが賢い選び方だと言えます。

もちろん、ガソリンスタンドなどで作成出来る提携クレジットカードなら、100パーセントに近い確率でロードサービスが付帯されています。そして、銀行系のクレジットカードや、大手クレジットカード会社のプロパーカードにも付帯されているケースがありますので、マイルを貯めながらロードサービスを受けることも可能だったりします。

ひょっとしたら、既にお持ちのカードの中に、ロードサービスの付いたものがあるかもしれません。是非、契約・サービス内容を、再度確認されてください。

少しオーバーな言い方かもしれませんが、車社会となった現代社会で安心して生活を行う為にも、是非、ロードサービスの付いたクレジットカードを、「貴方のお気に入りの一枚」にされてください。

クレジットと、キャッシングの利息の違い

クレジットカードを利用されても、1回払いにしていれば利息がかかることはありません。しかし、「分割払い」や「リボ払い」を選択した場合、それぞれに利息が発生します。一方、キャッシングは、一括返済を行っても利息が発生します。最近は、何日間迄に返済を行えば利息ゼロというキャッシングも存在しますが、あれは、金融機関が行っているサービスの一種になりますので例外だといえます。

クレジットカードの分割払いの利息

クレジットカードの分割払いを利用した場合、手数料(利息)が発生します。この利息は、元本に対して利息が付く形になります。10万円の物を購入した際は、10万円に対して利息が発生します。仮に、利息が10パーセントの場合、利息は1万円になります。元本10万円+利息1万円=11万円。11万円を分割払いで返していく計算になります。

クレジットカードのリボ払いの利息

分割払い同様、手数料(利息)が発生します。この利息は、残金に対して利息が付く形になります。10万円の物を購入し、リボ払い返済金額を1万円に設定した場合は、毎月利息が計算し直されることになります。仮に、利息が10パーセントの場合、初月は1万円の利息。翌月は残金9万円の10パーセントで900円、翌々月は残金8万円の10パーセントで800円、、、分割払いに比べて、完済までにかなりの利息を支払うことになります。返済途中で追加購入をしても毎月の返済額は1万円ですので、負担が軽減されるというメリットはありますが、その分だけ利息は上乗せされてしまいます。

クレジットカードの利息は、分割払いの方がリボ払いより高く設定されてしまうことが多いのですが、結果的に支払う金額は「リボ払い」の方が上となります。

キャッシングの利息

キャッシングの利息は、元本(借入れ金額)に対して利息が付きます。しかし、年金利を日割り計算されますので、返済日が早ければその分だけ利息は低くなります。もちろん、完済するまで計算され続けますので、可能な限り一括で返済をした方が良いと言えます。最近では、リボ払いでの返済が行えるカードローンが増えましたので、その場合は、クレジットカードのリボ払い同様、結果的に支払う金額が多くなるケースがあります。

上記を見てわかるように、「クレジット一括払い」→「キャッシング一括払い」→「クレジット分割払い」→「クレジットリボ払い」の順番で利息が高くなると言えます。

※キャッシングを一括返済で行った場合。

毎月の負担の少ない「リボ払い」にもデメリットはあります。しっかり利息のことも視野に入れて、クレジットカードを利用するようにしましょう。